GoAroundでShow

宮古空港22エンド周辺で
ランウェイ04アプローチ機を撮影中
それは起こった。

スムーズに下降していた機体が……

ん?ちょっと風にあおられたか?
右に少し傾き……

あれ?…下降しない……

あっ…ゴーアラウンドだ!

ギアアップして頭上を通過する
ANAのBoeing737−800型機

右旋回して飛び去ってゆく。

墓地の近くで撮影し機体を追いかけていたので、このようなカットが紛れ込んでいた。
屋根付きのお墓、その背後から入道雲が立ちのぼり、消えゆく夏の情景

ダウンウィンド飛行中
ヤシの木が南国感を演出する

赤煉瓦が青い空に映える宮古空港ターミナル

空港上空をぐるっと周回する様子を追いかけていたら、次々と沖縄らしい情景が写っていた。

そして再び着陸態勢へ……

すごいバンク角……

あと、ずいぶん近くから旋回するな〜
なんて思いながら機体の追尾を続けると

滑走路に離陸機がラインナップしている!

あれっ、もう一回ゴーアラウンドしないよね?
と思えるほどレンズ越しだと近くに見えた。

大丈夫、望遠レンズの圧縮効果で近くに見えるだけ、実際はもっと離れているはず……

努めて冷静を装うが内心ヒヤヒヤだった。

う〜ん…まだ動き出さない。

管制官はなにも言わないし、きっと大丈夫なんだろうが、見ているこっちは緊張して、思わず「急げ〜!」と叫びそうになる。

ここで、ようやく離陸滑走を始める。

前輪が地面を離れ……

エアボーン!

ここまでくれば安心かな。

力強く離陸するJTAのBoeing737−800型機

ANA機も無事着陸する。

こうして見ると間隔は空いていたとわかるが、撮影データから時間を調べると、離陸機の足が離れて着陸機がタッチダウンするまで、およそ30秒ちょっとだった。
結構ギリギリだと思う……

ちなみに離陸機は那覇行きのNU557便

着陸機は関西国際空港からやってきたNH1749便でした。

なんでゴーアラウンドしたんだろう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする