2020年05月一覧

神が住まわる島

池間大橋近くの道路脇から撮影した、宮古空港ランウェイ22アプローチ中のBoeing787型機。空港からおよそ17キロぐらい手前だろうか、よく見るとまだギアダウンしていない。
下に写るのは宮古島の北北東に浮かぶ小さな離島、大神島だ。

大神島は宮古諸島にある八つの有人島の一つで、パワースポットとして有名だそうだが、撮影時はその島の存在を知らず、レンズ越しで見えた陸地に「あれは何処だろう?」と不思議がりながらシャッターを切っていた。

島内の小高い場所に遠見台があるようなので機会があれば訪れてみたい。新たな発見が期待できそうだ。

高度が下がると海と絡められるようになる。
ここに来た目的はコレ

スマホの地図アプリと睨めっこして思いつき、機体が小さく写るのは覚悟の上で訪れた場所だったが、やはりとても小さくなり中型機でも豆粒みたいに……

でも、エメラルドグリーンに輝く海と一緒に撮影できてよかった!
宮古島の海は美しい!

撮影場所は以下


GoAroundでShow

宮古空港22エンド周辺で
ランウェイ04アプローチ機を撮影中
それは起こった。

スムーズに下降していた機体が……

ん?ちょっと風にあおられたか?
右に少し傾き……

あれ?…下降しない……

あっ…ゴーアラウンドだ!

ギアアップして頭上を通過する
ANAのBoeing737−800型機

右旋回して飛び去ってゆく。

墓地の近くで撮影し機体を追いかけていたので、このようなカットが紛れ込んでいた。
屋根付きのお墓、その背後から入道雲が立ちのぼり、消えゆく夏の情景

ダウンウィンド飛行中
ヤシの木が南国感を演出する

赤煉瓦が青い空に映える宮古空港ターミナル

空港上空をぐるっと周回する様子を追いかけていたら、次々と沖縄らしい情景が写っていた。

そして再び着陸態勢へ……

すごいバンク角……

あと、ずいぶん近くから旋回するな〜
なんて思いながら機体の追尾を続けると

滑走路に離陸機がラインナップしている!

あれっ、もう一回ゴーアラウンドしないよね?
と思えるほどレンズ越しだと近くに見えた。

大丈夫、望遠レンズの圧縮効果で近くに見えるだけ、実際はもっと離れているはず……

努めて冷静を装うが内心ヒヤヒヤだった。

う〜ん…まだ動き出さない。

管制官はなにも言わないし、きっと大丈夫なんだろうが、見ているこっちは緊張して、思わず「急げ〜!」と叫びそうになる。

ここで、ようやく離陸滑走を始める。

前輪が地面を離れ……

エアボーン!

ここまでくれば安心かな。

力強く離陸するJTAのBoeing737−800型機

ANA機も無事着陸する。

こうして見ると間隔は空いていたとわかるが、撮影データから時間を調べると、離陸機の足が離れて着陸機がタッチダウンするまで、およそ30秒ちょっとだった。
結構ギリギリだと思う……

ちなみに離陸機は那覇行きのNU557便

着陸機は関西国際空港からやってきたNH1749便でした。

なんでゴーアラウンドしたんだろう?


KURIMからやってきたBoeing787

ランウェイ04運用の宮古空港は着陸コースが大きく分けて2つある
島の北側から回り込むコースと南側から回り込むコースだ。

北側から回り込んできた那覇便NH1725 機窓からは絶景が楽しめそう。

撮影の役に立つかとエアバンドを聞いてどちらのコースを使用するのか法則は無いのか調べてみたが、よくわからず……(なんとなく朝と夕方は南側コースが多いような気もするが……?)

また北側コースは多くの飛行コースがある様子
通過するウェイポイントもGAHRAやKURIMなど複数あり

面白いと思ったのがKURIMを通過してアプローチするドリームライナー

KURIM→クリム→来夢……なるほど、夢が来るのか!

本当は近くに来間島があるから「クリマ」なんだろうけど……
クリムと聞こえたので……つい連想してしまう。


わりとハードな撮影生活

今回は下地島空港での撮影を主な目的として訪れているが、もちろん宮古空港も忘れてはいない。朝はGK323便の撮影まで、宮古島で念入りにロケハンを行う。

夏場はほぼランウェイ17、撮影場所もほぼ決まっている下地島空港と違い、
ランウェイ04と22のどちらでもバリエーション豊富な絵が狙える宮古空港は、
地道な足を使った撮影場所の開拓が不可欠。

そのためロケハンに次ぐロケハン……
朝と夕方、一日二回の聖地巡礼以外は、ほぼ宮古島でロケハンを行っていた。

撮影しているより移動時間が多いかも、伊良部大橋も何度往復したことか……

で、そんな事を朝から晩まで毎日しているうちに体調を崩し(笑
夏バテっぽい症状にしばらく苦しんだ。

それでも良い結果を得られれば報われるのだが……

なかなかイメージ通りには行かないです。


17エンドのレインボースター

伊良部島の方角にかかる雨雲を眺めながら、こちらもパラパラと落ちだした雨を浴びる。
傘を出すこともない、気持ちのいい天気雨。

ふと、空にかかる虹の橋を見つけた。そしていつ消え去るか、ハラハラしながら到着機を待つ。絡むのか?どうか……。もうすぐGK377便がやってくる!

そして数分後、画像を確認すると
まるで流れ星のように、虹色の尾を引くレインボースターが降っていた。

時刻はおよそ18時、関西空港から到着したジェットスターAirbusA320型機。

タッチ・アンド・ゴー訓練が盛んだった時代、夕方までその訓練を行っていたのだろうか。もしそうじゃなければ、カメラの性能も上がったおかげで、この時間帯にブレなくクリアに撮影できる、初めてのシチュエーションなのかもしれない……

そう思うとうれしくなるが、はたしてどうだろう……


憧れのランウェイ17

コレよ!コレ! 憧れていた光景が目の前に!
下地島空港が聖地と呼ばれる所以、その片鱗を垣間見た。

夏の陽射しに輝くエメラルドグリーンの海、水平線まで見えるコバルトブルーの空。
前日までと全く違う光景に息を呑む。

滞在最終日にギリギリ撮影でき、ホッとしたのを覚えている。
噂に違わず素晴らしいロケーションで、何度も訪れたくなるのもうなずける。

じつは数年前、宮古空港へ訪れた際、下地島空港にも立ち寄っていた。
着陸機の無い寂しい17エンド、わざわざ訪れたのは「予兆を感じたから」
……と思っていたが、2015年のニュースに「三菱地所、空港の整備・
運営する事業計画を公表」とある。
きっとそのニュースを目にしていたのだろう、2016年のことだった。

2016年撮影の17エンド

それから再開発が決まり、ターミナルの設営、ジェットスター定期便の就航と、
少しずつパズルのピースが埋まっていく。

そして2019年の夏、再度この場所に立っていた。

あのとき「いつかここで……」と思いを馳せていたが、
本当に実現するとは!じつに感慨深い。

あとはチャーター便でもいいので、レガシーキャリアの大型機が飛来すること、
最後のピースが埋まることを夢見ている。


南国風のターミナル

せっかくなので下地島空港ターミナルにも立ち寄ってみた。

展望デッキはないようだが念のため他に撮影できそうな場所がないか探索

簡素な作りだが開放感のある受付カウンター

レンタル自転車もあるようだ。これで17エンドまで直接乗り入れるのもいいかも。

空港特有の喧噪したゴチャゴチャ感は無く、それでいて寂れたような感じでも無い、ひっそりと落ち着いた雰囲気が漂っている。

いい感じの撮影場所は結局見つけられず…