新石垣空港一覧

オペレーション レインボー・クライム

沖縄本島から石垣島と宮古島へ巡る旅

どんな順番に島を訪れるか考えるのも楽しみの一つ。今回ある作戦を実行するため、
沖縄本島を訪れたあと、石垣島→宮古島の順番になるよう旅の予定を立てました。

いくつかあるエアラインから選択する楽しみもあれば、どちらにするか迷うこともあります。
石垣空港から宮古空港へ行く路線では迷いはありません。
この路線は一社のみの運行なため琉球エアコミューターの一択です。

そして1日4便あるなか選んだ便は、お昼過ぎに出発する「RAC834便」
この便に搭乗することから作戦をスタートさせます。

使用機材はプロペラ機 「DHC-8-Q400CC」
沖縄の空を舞台に活躍する、琉球エアコミューターの主力機。
ジェット機ではなくプロペラ機なのは作戦の肝です。

RAC834便の出発時間は

「14:45」

この時間も重要なポイント、次の鍵となる便に絡んできます。

ANAのNH91/92便です。
繁忙期には東京-石垣間を中型機のB767やB787、時には大型機を投入しB777-200で運行しています。

機体サイズも重要ですがポイントはNH91便は14:20到着、折り返NH92便は15:05出発なこと。

RAC834便は「14:45」出発なので、「エプロンに駐機する中型機以上の機体を、搭乗機から撮影できるタイミング」に運行している、数少ない便に搭乗することになるのです。

それからこちらも重要、この時間は「順光」で撮影可能。バッチシです!

遅れることなく到着したNH91便

これから被写体になっていただくB787のスポットイン

出発時間が迫ってきたので制限エリア内から撮影します。

作戦の不確定要素だった滑走路運用は終日南風予報、RWY22運用から変わらないでしょう。
運行スケジュールに遅れもありません。

成功に必要な条件がそろってきました。

あとはシャッターを切る瞬間の光線状況しだいです。はたして雲に邪魔されず太陽の光は降りているのでしょうか?

.

.

.

いよいよDHC-8-Q400CCへ搭乗します。

今回の座席は「6A」

プロペラの真横の席だぁ……

予約時の座席シートマップを見てなんとなく予想はしていましたが
ここにきて作戦は頓挫しそうですww どうやって広角で撮影しよう、、、

プロペラに邪魔されない構図をあれこれ試しているうちに、あっという間に滑走路へ進入

妥協して少しだけならプロペラをフレームインしてもOKとします。

緊張の瞬間。

はたして作戦は成功するのか……

離陸滑走が始まり、振動に負けないよう両足を踏ん張ってカメラを安定させながらファインダーを覗きます。

……
…………

あれっ…………

思っていたのと違う……

エメラルドグリーンに輝く海はどこだ? 俯瞰気味で見下ろすはずだった海……

……海はあんなに遠くにあり、サンゴ礁はちょこっとだけ、、、、(泣
被写体に光が当たっていないですが、それ以前の問題でした。

なんだか高度が低いですね、、、、
プロペラ機の早い機首上げを想定していたのでターミナルの真横で
もっと高度をかせいでいる公算なのに、、、
駐機中の機体と距離もあるように感じます。

以前見た光景

写真の左上にちらっとだけ海が写っています。

高翼機のプロペラ機は座席によっては主翼の影響で自由にフレーミングできません。そのためこの時は海を広く取り入れる構図は不可能でした。

翼の影響無く、画角をもっと広角にして撮ることが可能ならば、俯瞰で海の面積をより広く取り入れられたはず。この時の光景を忘れられなくて、次はもっと良い空のコンディションで挑もうと決意していました。もっとも今回はプロペラの影響を受ける座席6A、広角で狙っても真横写真は撮れなかっただろうし、機首上げ遅くて高度も足りないため、どうなっていたかはあきらかですが……

オペレーション「レインボー・クライム」は失敗でした〜

作戦の詳細は「駐機するB787とサンゴ礁の海を空撮のように撮る」です。
※作戦名に特に意味はありません

.

.

.

傷心を癒してくれるこの景色

離陸後しばらくすると180度旋回して空港そばの上空に戻ってきます。

石垣島の北端あたりまで見えていますね。
島の縁に寄り添うようにサンゴ礁がずっと続きます。豊かな自然です。

多良間島

宮古島に到着〜

ピカピカでカッコイイな!プライベートジェットかな?と思ったら
国土航空省のチェックスターでした。おろしたての新機材だそうです。


搭乗機を最後に撮影してお別れ。

それにしても、なぜ以前見た光景と違っていたのでしょうか……

自分の感覚ではあの機首上げタイミングだと、あと何回挑戦してもほぼ同じ結果になりそうな気も……向かい風の強さ、機体重量の差などの違いでしょうか……

その「違い」について考えを巡らすうちにあることに気づきました。

「あれっあの時に乗ってた機体、そもそもDHC-8-Q400CCじゃなくない?」……と

まさかの推論にビックリ

ぼんやりと思い出してきます。

もっと小型でシーサーの描かれた尾翼

イエローやブルーの記憶

そんな機体、あったな……と

たぶん乗っていた機種はこれですね。

同じ琉球エアコミューターの「DHC-8-Q100」
もう引退しちゃっています。

機種が違えば機首上げポイントも違って当然で、現にこの写真のQ100はかなり早く足が離れている様子。

自分の搭乗する機材のことまで深く考えていなかったです。
プロペラ機だったらなんでもオーケーだと思っていた節が……

まさに灯台下暗しですね。
また挑戦しよう(えっ……


沖縄アイランド・ホッピング

移動日です。
次は石垣島から宮古島へ

主な目的だった「カラ岳からRWY22着陸する日本航空のB777を撮影する」は達成せず、、、
次の目的地へ向かうことに心残りありますが、気持ちを入れ替え旅を続けます。

JL972のB777-200 JA709J
この角度だとエンジンカウル気になりませんね。(しめしめww)

トーイングスタート

角度的に自分ではないとわかりつつも手を振るパイロットに翻弄され手を振り返します。
きっと子供連れの家族とコミュニケーションしているはず。いってらっしゃい〜!

RWY22ラインナップまでに駐車場へ移動

離陸のシーンは前回をぜひ見てください

JA709Jを見送ったら自身の出発まで一時休憩です。


石垣島とB772

今年の石垣島は7月がアツい!

なんと日本航空のB777-200が午前と午後で2回も飛来する、撮影する者として絶好のチャンスとなっていました。日の長い7月のうちに、少しでも高い位置の太陽光を求めて、JL973を撮影したい思惑もあります。

しかし撮影旅行の手配をしていた頃、B777に機材変更された7月の羽田-石垣間は、まだ午後の1便しか設定がなく不便と感じていたことを思い出します。「通常1日2便はあるのに、繁忙期でB777になっているけれど、1日1便になるのはなぜだろう?」と不思議に思っていました。

そしてしばらくたち、予定どおりB777で飛来するのか確認するため予約システムを見ると
いつの間にか1日2便の設定に!しかも両方ともB777と表示!!

やってくれましたね!

と、息巻いて撮影を心待ちにしていましたが、結果は……

リストバンドしたB777

まずはJA709Jのタキシング 初っ端からちょっとアレな機体です。
エンジンカウルを貴重と考えるかどうかですね……

JL974の離陸の頃にはだいぶ日も傾いています

別日のJL972の離陸 

空港外周からの撮影が続きます

滞在前半は微妙な空模様に匙を投げ、石垣市立図書館へ逃げ込んだりもしていました。

粘り強く絵作りするのか、図書館で新たなインスピレーションを得るのか、どちらがいいのでしょうかね……?

せっかく来たので、せめて一回はカラ岳に登ろうと決意

やはり見晴らしは最高です

雲の隙間からどのタイミングで光が差し込むかは完全にランダム

エメラルドグリーンの海と絡めて

期待していたカラ岳から撮るランウェイ22着陸のJL973はいまいちな結果でした。
予想していたけれど時間帯が悪いww

あまり執着せず、次の機会に任せましょう。

もう少し離陸コース高ければ……
滞在最終日には空港駐車場から管制塔とハイビスカスの絡みで絵作り

最初で最後もリストバンドしたJA709Jでした。


石垣島とBoeing777型機 その2

昔CMにあったフレーズ「鍛えた翼は、強い。」自分の中の強い翼のイメージはまさにB777、滑走路へ正対する機体はこれから空へ挑むアスリートのように見える。

しなやかな翼のB787と対照的にビクともしない強固な翼で空を切り開く。

でも、たまにはトラブルも?

夕方になっても滞在しているNH92便のB777と遭遇。
この低い位置の夕日との組み合わせは滅多にないだろう。

さらに日は沈み

ようやく6番スポットにトーイングされてきた。

このグラディエーションの空を飛ぶシーンを撮影したかったな……

時刻はおよそ20時、とっぷり日も沈みそろそろ宿泊地へ帰りたい気分、
しかし月と絡めて撮影できるかもしれないと思いつき空港ターミナル反対側の盛り土へ移動。

薄暗い月明かりの下、草むらの中をビクビクしながら進む。

見えない足下は何かいそうで怖い😱😱😱

満月と絡めた写真をイメージしていたが

微妙に位置のかみ合わない残念な写真に……

NH92便は20時30分頃、羽田へ向けて飛び立っていった。

最後は石垣島の夏の情景を空港から少し離れた場所で狙ってみた。

機体も地上にも光が落ちてくれた瞬間、入道雲も良い位置に発生してくれた。


石垣島とBoeing777型機

残念ながらコロナ禍の影響で退役を加速させているBoeing777型機、最近ネットニュースなど記事を見かけては悲しくなり、そしてソワソワした気持ちになっている。

「退役」と聞くと、どうしても撮り逃ししていないかどうか不安になるものだが、不安になったところで緊急事態宣言、まん延防止措置で不要不急の外出自粛要請あり、しかもJALもANAもB777の大半は運行停止中、本当は「最後の雄姿を〜」と意気込んで撮影へ出かけたいのにな、、、困ったな、、、(苦笑

スポッティングは最近始めたばかりでも、おそよ10年間様々なシチュエーションでトリプルを撮影してきた、十分なストックを持っているはず、、、、、、、、、

あっ、、、そういえばカラ岳から撮っていないな、、、、、、

、、、、、、ダメじゃん😵😵😵😵(笑

なぜかカラ岳に登らず浜辺から撮影しているし……

04離陸の絶好のシチュエーションに見えるが、海側はいまいちな表情の空だったので
ここから撮影したような気もする……

これはこれで新鮮でいいかも?

過去の写真をあさって見つけた石垣島のB777をいくつか紹介

展望デッキから

夏らしい入道雲いっぱいの空

雨のスタートダッシュ

いつも挑戦しては玉砕するANAインターコンチネンタル石垣リゾートとANA機の絡み

絡ませるならこの機体しかない(機体サイズ的に)と思うが、全くもって絵にならない(笑 

ちなみにこれはILSアプローチなんだろうか?同じ羽田便でもB787はビジュアルアプローチしか見たことない。特に天候が悪い訳でもなさそうなのにB777だと何回か見かけたので違いが気になった。

真栄里ビーチの端っこから
もう少し左よりの飛行コースだったらな〜

とりあえずこの場所はダメだとわかったので収穫ありとしよう(笑

視点を変えてホテルの室内から狙うのもありか〜
どれどれ宿泊費いくらかな……

おいそれと泊まれない価格😱😱😱!

白保海岸から赤瓦と一緒に

この建物の下にどこからともなく集まってくるおじぃ達
のんびりした島時間の流れる集落でした。

ビシッと飛行機写真っぽいセレクトを

於茂登岳の山頂から撮影

登山開始時には22運用、それに合わせた絵作りをイメージしていたので一瞬戸惑ったが結果オーライ、04運用になっていて良かった!

今のところ2021年の夏、羽田 – 石垣島間をANAはB767とB787で運行する様子。
(きっと直前に変更あるのだろうけれど)

気になるのが日本航空、B777運航になっている……本当ですか❗❓
(GEエンジン機を使用するのかな?)

一日二便だったのが一便に変更されているので機材大型化してもおかしくないが……
もしそうだったら……最初で最後のチャンスかもしれない!

また今度撮れるだろうと思って後悔することの繰り返しを
少しでも減らせるようにしたいですね!


フェンスクリアはいつも難題

今回は空港周辺に戻り滑走路南側のフェンス前から。

ファンスさえクリア出来れば様々な状況でも対応可能な場所で午前中迷ったらここ!
みたいな安心感のある撮影ポイント。

まずはランウェイ22離陸のシーン

少し雲の多い空だけれど夏らしい情景

スーパードルフィンの離陸

機体の位置が高すぎることも低すぎることも無い、ちょうどいいタイミングで
シャッターを切れるため、天気の良い日にはおすすめのポイント。

22着陸機もT1誘導路まで滑走してくれば目の前を通り
迫力のあるショットを狙える。

しかしT2誘導路から離脱する着陸機が多いので待ちぼうけを食らうことも、、、

確実なのは04離陸機のタキシング狙い。

04離陸機はT1誘導路までタキシングするので必ず撮影できる。
あとは04運用になることを祈るのみ。

東京行きのBoeing777型機は
ズームレンズだとカメラに収まりきらないほど

大迫力!

最後は2018年の夏 ピーチと統合前のバニラエア

石垣島の空にコーポレートカラーのイエローは良く映えるな〜
なんて当時を懐かしんでいたら「バニラエア塗装機の復活」と嬉しいニュースが!

楽しみがひとつ増えたな♪


色々なランウェイ22離陸

引き続き午前のランウェイ22離陸から

2018年に就航したバニラエアA320型機の離陸

国道390号線から脇道に入って見つけた一面に咲く黄色い花の雑草。
名前は知らないけれどよく目にする花だ。さっそく取り入れて撮影してみた。

花と同じ色の尾翼は小さな機体ながら空に溶け込むこともなくかろうじて主張しているが
空港から離れているため広角レンズを用いるのはちょっと厳しいシチュエーション。

しかしこれからやってくる機体だとどうだろうか?

2018年のメインイベント(?)
東京 – 石垣島線に投入されたANA Boeing777型機の登場

引きで撮っても目立つのがB777の良いところ!ギリ許容範囲の機体サイズかな……?

しかしすでに正午をまわっている、、、お昼頃になるとだいたい島の上空は雲であふれ、
あれっ、、、青空はどこ行った?(笑

次回チャンスがあればもう一度狙ったみたい。

次は同じ花つながり、、、
2016年6月上旬 梅雨明け前の石垣島

カメラを向けることを躊躇するような空模様だがヒマワリに引き寄せられてしまった。

天気の良い日にリベンジと決意していたら、そこはやはり梅雨明け前、毎日同じ様な空の連続で7月下旬に再訪した時にはすでにヒマワリの跡形も無く……リベンジならず。

訪れるたびに同じ場所へ目を向けるが、あれから咲いていることは無い。

晴れの日だとガラッと印象も変わる
2016年 梅雨明け後の7月下旬

上の写真と同じ国道390号線の歩道から撮影、ヒマワリはなかったけど天気には恵まれた。

石垣島はやはりこういう空だね!


葉たばこ畑

ランウェイ22運用の新石垣島空港

前回のつむじ風を撮影した場所へ翌年も行ってみたら、畑いっぱいに咲く紫色の花を発見。

この花の葉からたばこを作るそう

葉たばこ畑と離陸するBoeing737型機の絡み

午前に離陸する便を順光で撮影できる定番ポイントが無いため、いつも空港周辺をウロウロしてしまう。

また別の日でも撮影

今回はいい被写体を見つけられてラッキー♪


Boeing787旋風

シャッターを切りながらドキッとしたシーン 

2016年の新石垣島空港

つむじ風とBoeing787型機

広角レンズだったのでトリミング拡大

まるでつむじ風に巻き込まれているかのような……
そしてどこかへワープ、、、?  知らない場所へ飛ばされそう(笑

もちろん、なんの影響も無く飛び去ってゆく

ちょっとビックリしたが
よく見るとつむじ風は機体からだいぶ離れた所で発生、
離陸許可も出しているので、安全面に問題はないのだろう。

それにしても望遠レンズを手にしていなかったことが悔やまれるな〜


石垣島で二機のB787と遭遇

緊急事態宣言でどこにも出かけられない日々、、、
時間があるので過去の写真をアップしたいなと思っています。

さっそくですが、2016年の7月、石垣島で遭遇したレアなシーン

離陸するスーパードルフィンの背後に東京便のBoeing787型機が二機も駐機‼

時刻は14時過ぎ。お昼ごろ出発するNH90便は、まだいつもの休息ポイントに駐機中。

夏らしい大きな入道雲が出てきた
順光側の空は絶好の状況♪
こうなると別の場所でも撮影したくなる

でも滅多にないだろう二機滞在するB787を目の前に、動けないでいた。
どうしようか葛藤したことをよく覚えている。

横一列ならびになったANA Fleet

結局、この場にとどまり記録写真を撮り続けることに……
同じような空はまた出会えるはず。

NH90便より一足早く東京へ向け出発するNH92便、時刻は15時40分頃

離陸するB787とプッシュバックされるB787の絡みも撮影できホッとする。

背後の入道雲は消滅し、それぞれ機体位置と向きのタイミングは絶妙に合っていないけれど、、、(泣

およそ7分後、追いかけるように離陸するNH90便。

ディレイの原因は不明だけれど無事飛び立ってくれた。