下地島空港一覧

17エンドのレインボースター

伊良部島の方角にかかる雨雲を眺めながら、こちらもパラパラと落ちだした雨を浴びる。
傘を出すこともない、気持ちのいい天気雨。

ふと、空にかかる虹の橋を見つけた。そしていつ消え去るか、ハラハラしながら到着機を待つ。絡むのか?どうか……。もうすぐGK377便がやってくる!

そして数分後、画像を確認すると
まるで流れ星のように、虹色の尾を引くレインボースターが降っていた。

時刻はおよそ18時、関西空港から到着したジェットスターAirbusA320型機。

タッチ・アンド・ゴー訓練が盛んだった時代、夕方までその訓練を行っていたのだろうか。もしそうじゃなければ、カメラの性能も上がったおかげで、この時間帯にブレなくクリアに撮影できる、初めてのシチュエーションなのかもしれない……

そう思うとうれしくなるが、はたしてどうだろう……


憧れのランウェイ17

コレよ!コレ! 憧れていた光景が目の前に!
下地島空港が聖地と呼ばれる所以、その片鱗を垣間見た。

夏の陽射しに輝くエメラルドグリーンの海、水平線まで見えるコバルトブルーの空。
前日までと全く違う光景に息を呑む。

滞在最終日にギリギリ撮影でき、ホッとしたのを覚えている。
噂に違わず素晴らしいロケーションで、何度も訪れたくなるのもうなずける。

じつは数年前、宮古空港へ訪れた際、下地島空港にも立ち寄っていた。
着陸機の無い寂しい17エンド、わざわざ訪れたのは「予兆を感じたから」
……と思っていたが、2015年のニュースに「三菱地所、空港の整備・
運営する事業計画を公表」とある。
きっとそのニュースを目にしていたのだろう、2016年のことだった。

2016年撮影の17エンド

それから再開発が決まり、ターミナルの設営、ジェットスター定期便の就航と、
少しずつパズルのピースが埋まっていく。

そして2019年の夏、再度この場所に立っていた。

あのとき「いつかここで……」と思いを馳せていたが、
本当に実現するとは!じつに感慨深い。

あとはチャーター便でもいいので、レガシーキャリアの大型機が飛来すること、
最後のピースが埋まることを夢見ている。


南国風のターミナル

せっかくなので下地島空港ターミナルにも立ち寄ってみた。

展望デッキはないようだが念のため他に撮影できそうな場所がないか探索

簡素な作りだが開放感のある受付カウンター

レンタル自転車もあるようだ。これで17エンドまで直接乗り入れるのもいいかも。

空港特有の喧噪したゴチャゴチャ感は無く、それでいて寂れたような感じでも無い、ひっそりと落ち着いた雰囲気が漂っている。

いい感じの撮影場所は結局見つけられず…


映えの宝庫の下地島

17エンドには右から行くルートと左から行くルートがある。
歩く時間の短い左ルートがおすすめ。

重たいカメラ機材を持って片道およそ10分。さながら巡礼者になった気分で1日2回の往復をする。毎回ヘトヘトになるけど、道中のすばらしい景色が疲れを忘れさせてくれる。

日本一映える徐行マーク?
17エンドの進入灯をフレームに入れてパシャリ。

ゴミひとつない、ここまできれいな砂浜は初めて見た。
石垣島だと海から打ち上げられたゴミや海藻など無数にあるのに…
何が違うんだろう…

美しい海、きれいな浜辺に囲まれた17エンドは、マリンアクティビティをするのにうってつけ。普通この状況を目の前にすると海に入って遊ぶよね…
飛行機写真だけ撮っているほうが、おかしいのかも⁇


下地島 聖地までの道のり

那覇空港からの撮影でウォームアップ(?)を済ませ、いよいよ下地島空港を目指して出発する。

JTA551便で那覇→宮古

離陸上昇中に見渡せた工事中の第2滑走路

瀬長島ホテルとウミカジテラス
昨日までいた場所を俯瞰で見下ろすと、なんとも言えない不思議な気持ちになるのはなぜだろう?

宮古空港へ到着したのは8時過ぎ、時間に余裕はあるが、10時25分到着予定のGK323便に備え、ただちに下地島空港へ向けて移動を開始する。

途中、ランウェイ17エンドまでは徒歩で向かう。思っていたよりも人が少なかった。

初日の17エンド。陽射しが無いと海がエメラルドグリーンに輝かない。

普段だったら決して悪くない空模様、しかし今この場所で求められる条件は厳しい。初日なのであせらず、まずは聖地へ巡礼できたことをよろこび、明日に期待した。