羽田空港一覧

雨降る羽田空港から沖縄へ

どんよりとした空模様の羽田空港から那覇空港へ出発です。

今回B777とA350のどちらで沖縄入りするか悩みましたが、以前搭乗してお気に入りになったA350を選択しました。さすが最新鋭機なだけあって快適な環境に感動です。スマホを充電しながらフライトレーダー常時表示できる幸せたるや……

外部カメラの映像を自分で切り替えてシートモニターから見られるのもいいですね。

座席に着くと水滴の付く窓、予想していたけれどやっぱりですw
外に出て拭き取りたいな

上空にあがれば水滴は吹き飛ぶのでしばらく我慢

ほどなくしてタキシング開始
水滴が目立たないようにして第一ターミナルと駐機するA350をパシャリと

外を眺めていると併走するANAのB787を発見
あとで調べるとこちらも那覇空港行きでした

タキシングスピード速くて追い抜いていきます

D滑走路へ進入中 B787を別アングルでも撮影

そしていよいよ離陸です

足が離れ機体の重量が翼にかかった瞬間

この翼の形状だけで絵になる気もしますね

雲に入っていきます

雲と雲の間 もう少しで巡航高度です

約2時間で沖縄上空へ

なんだか陸地に近いコースを飛んでいるなと思ったらどうやら18Lで着陸する様子

外部カメラの映像をスマホで撮ってみました
たしかに18Lへ向かっています

前輪のおかげで写真にストーリーが生まれていますね

タッチダウン間際には集中してカメラを構え

ホールドショート中のピーチ機

もう一機いました、トランスオーシャンのB737 ちょっとブレましたが、、、

先ほどの後続機だったANAのB787は通常運用のランウェイ18Rに降りていました

18Lになった理由はなんですかね?

なんにせよホールドショート中の機体を撮影できたのでラッキーでした。


吹き流しの魅力

海ほたるで見つけた吹き流し(ウインドソック)

なんだかロマンを感じませんか?

空港にも設置されているのでヒコーキとの相性はバッチリ。
カッターフェイス撮影している合間、少しだけ絵作りしてみました。

ぼんやり見えるスカイツリーも一緒に撮影。

今度は大型機と絡ませてみよう。


カッターフェイスとヒコーキ

海ほたるから新年らしい写真を。

一富士二鷹三茄子・・・

・・・なすび?

このモニュメントはシールドマシンのカッターフェイスだそうです。

曲線が茄子っぽい、、、ってことにしましょうw

はじめてこのモニュメントに近寄ってみたが、だいぶ魅力にやられました。

この異質感、すごくいいですね!

SF物語のゲートみたいに見えます。

ワープ装置ですね。
でも半分切り取られているので機能しないのか・・・

いろいろ空想できます。

元旦に初日の出ではなく、カッターフェイスをひたすら撮影、
丸いから太陽みたいなものか・・・(違


川崎マリエンの眺め その2

ここへ訪れた一番の目的は
ランウェイ22離陸の様子を確認するため!

(フルサイズ400mmをかなりトリミング)

後ろにあるのは位置的にレインボーブリッジだろうか、都内のビル群も見える。
建物の陰から機体が突然現れるので、エアバンド持ってくればよかった。

しかし陽炎もでるこの時期は撮影条件としてきびしい。
逆光だし魅力ある背景でもなかったし、感想はちょっと微妙です。

こちらの方が可能性を感じる。

ランウェイ16Rを離陸する日本航空のA350−900型機

EF100-400mmにエクステンダーEF2× 禁断の組み合わせを使用。
望遠レンズの圧縮効果で工業地帯の煙突群と羽田空港の管制塔がぐっと近くなり
なんだか新鮮な組み合わせになった。


川崎マリエンの眺め

特別塗装機のR2-D2 ANA JET

たまたま訪れた日が川崎港の開港70周年記念日だったようで
川崎マリエンに訪れた人達に記念グッズを配っていた。

スバルの物流センターやシーバースを見るだけでも楽しいし
羽田空港発着の飛行機も眺められる素敵な環境!


皆既月食チャレンジ

天気予報は曇りだが、何が起こるかわからないので
ダメ元で5月26日の皆既月食を撮影へいってみた。

、、、しかし結果は惨敗。

羽田空港のランウェイ16R離陸機と絡むことを
わずかに期待していたけれど叶わず、、、

雲の隙間から覗く月を待っているうちに北風運用になっちゃうし、、、
事前に調べた記憶だと、しばらく南風の予報だったはず、、、風が弱まったのかな?
決めつけはよくないな〜と反省。

ランウェイ34着陸機と絡みそうなチャンスは2回あったけれど、どれもハズレ……
また次回ですね!

2020年撮影の月とヒコーキ


城南島の桜と新ルート

今年の成田空港での桜撮影は思い通りにいかないと判断し、思い切って予定を変え羽田空港から撮影することにした。気になっていた「新ルート着陸機は城南島の桜とどのように絡むのか」を調査するため城南島海浜公園へ。

到着時には北風運用だったが程なくして南風運用に、
新ルート着陸を開始する15時までしばらくランウェイ22アプローチ機の撮影。

桜の時期は成田空港ばかり行っていたので、桜との絡みは新鮮だな……

残念ながら白い雲で空が覆われてしまったけど、青空になれば良い感じになりそう♪

そして15時になり新ルート運用のスタート。
完全に逆光だけど気にしないww

ここからだとランウェイ16L着陸機を撮影可能。
16Rより16Lを使用する便数のほうが多いので構図の試行錯誤もやりやすい。

バリアングル液晶のおかげでローアングル撮影も気軽に

ゴチャついた背景を原っぱで隠してみた。

新ルート運用中は常に逆光のため「青空バックで順光の桜」は望めないが
順光の写真ばかりもつまらないのでたまにはいいかも?

なによりのんびり撮影できる環境が良かった。