日本航空A350-900型機が初上陸!6月14日の羽田空港にて

春は空飛ぶウミガメ「FLYING HONU」A380型機
そして今回は日本航空が初導入するA350-900型機
今年はエアバス機を追いかけることが多い。

6月14日、朝4時に起床して羽田空港へ向かう準備をする。
フライトレーダー24で動向をチェックすると、8時ごろ到着予定のはずが
約1時間早着と表示され、慌てて出かけた。
しかしターゲットは飛行ルートを調整して結局ほぼ予定時刻の
7時46分、B滑走路ランウェイ22にタッチダウン。
タキシングして格納庫前に到着したのが8時ごろとなった。

羽田空港へ着陸する日本航空AirbusA350-900初号機
7時46分 日本航空A350-900 (JA01XJ) 初号機が日本初上陸する
日本航空AirbusA350とANABoeing787
エンジンにカバーが掛けられたANABoeing787型機の横を通過する日本航空A350型機

エンジンの点検整備に伴う大量欠航で昨年ニュースになっていたが
写真を拡大すると奥のエプロンには
ANAのBoeing787型機が駐機していた。
エンジンは取り外しているのか、カバーが掛けられた状態だ。
両機とも社運を賭ける最新鋭機だろうし
ライバルという位置づけなので、
明暗分けるシーンのようにも映り悲しくなる。

日本航空の格納庫までタキシングするA350型機(JA01XJ)
格納庫までタキシングする日本航空A350型機(JA01XJ)

実は先ほどのBoeing787型機と同じ
ロールス・ロイス製エンジンを採用する。
名称はトレントXWB。ちなみに日本航空では
ロールス・ロイス製エンジンは初採用だそう。

いろいろなエンジン音の聞き比べも
飛行機撮影時の醍醐味の一つ。
早く近くでその音を聞いてみたい!

国際線ターミナル前のP-TWYをタキシングするJA01XJ
先輩にあたる日本航空のBoeing777型機と787型機を一緒にフレーミング

機体デザインを観察してみる。
何となくエアバス機らしいお尻(←?
……だと思う。

顔つきはドリームライナーに似ている
さすがライバル機同士。

そして目に付くのはウイングレットだ。
緩やかに後退しながら上昇する形状がカッコいい!

赤く染められたデザインも素敵だ。

日本航空の格納庫前に駐機したA350型機(JA01XJ)
格納庫前にスポットインするA350型機(JA01XJ)とBoeing機との並び

残念ながら歓迎の放水はなかった。
9月の初営業フライト時には福岡空港で
放水のアーチが待っているだろう。

A350型機(JA01XJ)到着時の羽田空港第一ターミナルの様子
JA01XJのタキシングにあわせて展望デッキを移動しながら撮影する人々

今回の撮影場所は羽田空港第一ターミナル。
想像していたより集まっていた人数は少なかった。
撮影場所がたくさんあるから分散されたのだろうか……

本日の目的だったA350の撮影も終わり
「久しぶりに羽田空港のターミナル内を見て回るか」と思い立ち
フラフラと散策をする。

そして家路につく前にフラッと立ち寄った展望デッキで
この機体と遭遇した。

羽田から飛び立つ政府運用機
羽田から飛び立つ政府運用機Boeing777-300ER型機

展望デッキに出た瞬間
「あっ……なにかあるな」
と感じる空気が漂っていた。

それはなにかなと探していると日の丸が描かれた尾翼が
ターミナルの反対側に見えた。
「多分これだ」と……

ほどなくして動きだし、期待が確信に変わる。
今となっては珍しくもないだろうが
初めて遭遇したのでちょっとテンションが上がる。

しばらく待つとランウェイ16Lにラインナップしてくれた。
目の前を離陸する様子を最後まで見守り
これにて本日の撮影は終了。
短い滞在時間だったが久しぶりの羽田空港を
楽しむことができた一日だった。