Air to Air de B777

再び沖縄です。今回はスカイマークにお世話になります。

出発ロビーの窓ガラスの前で外の様子を伺っていると、カラフルな機体が近づいてきました。

ピカチュウジェットのBC2です。どうもこれから搭乗する22番ゲートに向かっているようで、ちょっとドキドキ

スポットインするBC2

大人ひとりでピカチュウジェット、、、恥ずかしくないといったら嘘になります。
でも特別塗装機なので少し嬉しいような、そうでないような、、不思議な気持ちになりますね。

旅情を感じる羽田空港のロビー

成田発のLCCと迷った結果スカイマークにしたのは羽田空港から旅立ちたかったから。気分が上がるかどうかはこれからの撮影に影響する重要なポイントです。

お隣の23番スポットには日本航空のB777−200が入っていました。

精悍な顔つきをモノクロで

ピカチュウジェットに乗り込み思う存分撮影します。

旧管制塔と一緒に記念撮影していると、一足先にプッシュバックされていきました。

こちらもドアクローズしプッシュバック

「ピカピカ」しか言わないピカチュウの機内アナウンスに、なんだかちょっとほっこりしながら搭乗の挨拶を聞き入ります。

ベトナム航空A350 逆光のおかげで神々しくなりました。

使用滑走路はRWY16Rなので22番スポットから出発するとあっという間にタキシング終了。
離陸の順番待ちも終わり滑走路へラインナップします。

後続機は伊丹行きのNH35

羽田の滑走路はとても平坦だというのがわかりますね。

16Rからテイクオフ

ブレないよう踏ん張ってカメラを構えて、、、

機体を探しますがいないな〜

燃料備蓄タンク群が目に留まります、、、

おっ、やっといました。タキシング中のA321です、、かね?

空撮気分を楽しんでいると、、、、

「!?」

なにか気配を感じた気がしてふと顔をあげると、並行して飛行する物体が
「B777だっ!」と心の中で呟き、即座にカメラを向けシャッターを切ります。

いつから隣にいたんだろう……なんでもっと早く気づかなかったのか……と、後悔。

もしかしてさっきまで隣にいた新千歳行きの機体かもしれません、そうだったらいいな、空の上で再会です。退役前の最後に(?) Air to Airで撮影する巡り合わせ「ジーンとくるいいシーンだぁ」

な〜んて感傷に浸っていましたが後で調べるとロサンゼルス行きのB777-300でした。
-200ではなく、、、

興奮していると見分られない自分が恥ずかしいww

どちらにせよ退役のふた文字が頭によぎるB777ファミリーです。

左旋回して少しずつ離ればなれになる様子をずっと眺めていると、、、やがて見えなくなりました。Goodbye!

しばらくして日は落ち、夕闇が迫る空のフライトおよそ2時間、那覇空港へ到着しました。
原付バイクを借りて明日は瀬長島から撮影です。



はじめての都心ルート

沖縄からの帰路は羽田14:40到着予定のJL906便でした。

少し遅れて那覇を出発したため15:00以降の到着もありえそうな状況、もしかして都心ルートかも?と期待しながらフライトレーダーを凝視していました。

千葉市上空で直進すれば都心ルートです。はたして、、、
目の前を飛行するNH464便はRWY22へ、、、

そして、、JL906便は、、直進し北上を続けました〜

本日の都心ルート1番機ですね、先導機のようでなんだか嬉しかったです。

表示は7分後に到着とあります。たぶん、だいぶ伸びますね〜
この後の予定すべて狂いましたが気にしませんww

初めて見る都心ルートの景色にわくわくしていました。

ちなみに後ろにいたベトナム航空のVN384便は内側から追いついてきてRWY22へ
誘導されてました。海外エアラインだからですかね?

JL906便にみんなついてきます。

千葉県上空

滑走路が見えたのでシャッターを切ります

後で調べると海上自衛隊の下総航空基地でした。

柏市上空

A350−900の窓枠を入れてパシャリ。大きな窓は景色を見るのにうってつけですね。

草加市上空

横断する白い線は東京外環道路です。遠目には道路と鉄道の違いがわかりません。

千葉〜埼玉の上空を経て、荒川を超え東京上空に入ってきました。

東北新幹線の軌道が斜めに伸びています。

板橋区上空から

いっきに目黒区上空です。途中の撮影は逆光であきらめました。

画面中央下に見える恵比寿ガーデンプレイスタワーは39階まであるそうで
タワー上層階からこちらがどのように見えているのか気になります。

羽田空港の敷地内に入ってきました。

なんだか新鮮な光景だなと感じていましたが、もしかするとRWY16着陸は初体験かもしれません。記憶を探っても34Lばかりです。

RWY22へラインナップする、たぶん那覇行きのANAのトリプルセブン。
以前では22から離陸するなんて考えられませんでした。これもまた新鮮ですね。

最後にサプライズ? ぱっと見で日本の政府専用機かと勘違いしてしまった、インドネシアの政府専用機です。同じB777-300ERなんですね。塗装もなんだか似ているな

無事に羽田へ到着です。

いつもより長く空からの景色を楽しめるお得な飛行コースでした。


宮古島のヒマワリ畑

宮古島の大動脈、国道390号線を走っていると視界に入る黄色い花
空港の南側、滑走路の端っこあたりに見頃を迎えたヒマワリ畑がありました。

有名な景勝地ではない場所でも、どこから情報を得たのか観光客は続々訪れ、
自撮りなど楽しんでいるようでした。ちょっとした観光地ですね。

夏らしいシーン

南風の多い時期の北風運用に感謝です。 ここではRWY04着陸機と絡められます。

雲を見せないようトリミングし、スッキリした構図に

夏の撮影は沖縄を軸足としているため、女満別空港や高松空港など、ヒマワリを撮るチャンスを逃しています。だからなのかヒマワリと飛行機を絡めて撮影できる場所を沖縄で見つけられると、救われたような気持ちになります。いや〜本当にありがたい。

せっかくなので昨年10月の写真も、、、、

東急ホテル&リゾーツの近くに見つけたヒマワリ畑です。空港から離れているので飛行機と絡めるには少し高めの高度。RWY04運用です。

入園料を払い花畑の中へ入ってみました

備え付けられた料金入れに100円を投入

はじめは電柱の写り込みそうな場所なので絵にならないと勝手に思い込み素通りでした。
しかしヒマワリの花に近づくと、一つ一つの花から魅力的なパワーを感じて「なんとか絵にしたい!」と強い気持ちに駆られました。

数あるヒマワリの中から気に入った「ヒマワリ四兄弟」を主役にローアングルから絵作り。
お気に入りの一枚です。

今まで見てきたヒマワリより、ここのヒマワリは花弁が長いような……? その花弁の垂れ下がり具合から移ろう季節の情緒を感じます。

夏真っ盛りなヒマワリもいいけれど、少し物憂いらしさを感じさせるヒマワリもいいですね。

最後は2018年に撮影した、宮古島市熱帯植物園の近くにあったヒマワリ畑

今度はRWY22着陸機との絡みです。

ジンベエジェットとヒマワリ

お仕事中のトラクターも一緒に

残念ながらこの年以降、こちらでヒマワリを見かけていないです。

日没後の暗闇に浮かび上がるヒマワリたち。太陽に置いて行かれた迷子のよう……に見えてきました。また明日ですね。


17エンドと5人パーティ

パッと見は5人グループ よく見ると6人です

等間隔に並んで格好よくポーズを決める冒険者パーティですね!
マリンスポーツも楽しそう。

いつもソロ行動なので、仲間とわいわい遊ぶシーンを見ると少し羨ましいですww

この撮影ポイント、なかなか良いアングルで狙える場所です。ただ岩場を歩くためサンダルだとちょっと危険。

17エンド近くの小さな砂浜は17ビーチとでもいうのでしょうか……
新たな名所のようです。

別日です。平日なのに人出多いな

このお昼の便を撮り終えたら宮古空港へ戻ります。もちろんソロでね


焦点縛りのスナップ撮影

次の便の撮影までしばし時間つぶし

人影のないことを確認して近くの漁港に少しお邪魔していました。

”疲れたので何もせず、ぼーっと休憩していよう…………”
”いやいや、せっかく南国の島まで来ているのに何か撮影しないの?”

悪魔のささやきに負けそうでした。気合いを入れ直し、自分に言い聞かせます。

漁港で思いのままスナップ撮影

50mmと24mm縛りにトライ

50mmで撮影

24mm ……をトリミング

トリミングをしてしまうと「縛り」の意味がないですね〜
その場で足を使って構図作りを完成する大切さに気づきました。
当たり前のことでしょうが、それが難しい。

しばらくしてエアバンドを受信、交信内容を聞くと北風になっている様子
ジェットスターのGK324便がRWY35で離陸するようです。

そのまま、漁港内で撮影

空の表情、海の輝き……思わずにっこり

航跡のような雲のアクセントもナイスです!


17エンドの幻

朝一の那覇-下地島便に張り付いていたスカイマークのピカチュウジェットBC1(JA73AB)

尾翼の星の色とリンクするので機体の黄色はあまり違和感なし
BC2より好きなデザインです。

青空に映える黄色い機体

今年も17エンドに挑戦しましたが、過去を超えるシーンに立ち会えなかったです。
この写真もエメラルドグリーンの輝きを失っていますね。太陽光を遮る雲はなかったんだけどな、、、
2000年代に撮られた写真はあたり一面エメラルドグリーンに輝いているのに、今は少なくなっている印象。

もしかして17エンドの幻を見ているのかな?、、と思いつつも、もっと劇的な瞬間に立ち会えたらきっと、、、と考えてしまう、罪深い場所ですね。

少し離れた場所から

ダイビングする観光船?いつも同じ場所に出没していました。
17エンドにいても仕方ないような日は周辺でロケハンです。

そういえば、何気なく購入したさんぴん茶に「見覚えのあるイラストだな〜」とよく見てみると風船をからだに括り付けたピカチュウのイラストで、ピカチュウジェットと同じ
「そらとぶピカチュウプロジェクト」のさんぴん茶でした。
偶然の出会いだったのでちょっと嬉しかったな。

そらとぶピカチュウプロジェクトはピカチュウやポケモンなかまで航空業界を応援してくれるそうです。一緒に盛り上げていきましょう!


オペレーション レインボー・クライム

沖縄本島から石垣島と宮古島へ巡る旅

どんな順番に島を訪れるか考えるのも楽しみの一つ。今回ある作戦を実行するため、
沖縄本島を訪れたあと、石垣島→宮古島の順番になるよう旅の予定を立てました。

いくつかあるエアラインから選択する楽しみもあれば、どちらにするか迷うこともあります。
石垣空港から宮古空港へ行く路線では迷いはありません。
この路線は一社のみの運行なため琉球エアコミューターの一択です。

そして1日4便あるなか選んだ便は、お昼過ぎに出発する「RAC834便」
この便に搭乗することから作戦をスタートさせます。

使用機材はプロペラ機 「DHC-8-Q400CC」
沖縄の空を舞台に活躍する、琉球エアコミューターの主力機。
ジェット機ではなくプロペラ機なのは作戦の肝です。

RAC834便の出発時間は

「14:45」

この時間も重要なポイント、次の鍵となる便に絡んできます。

ANAのNH91/92便です。
繁忙期には東京-石垣間を中型機のB767やB787、時には大型機を投入しB777-200で運行しています。

機体サイズも重要ですがポイントはNH91便は14:20到着、折り返NH92便は15:05出発なこと。

RAC834便は「14:45」出発なので、「エプロンに駐機する中型機以上の機体を、搭乗機から撮影できるタイミング」に運行している、数少ない便に搭乗することになるのです。

それからこちらも重要、この時間は「順光」で撮影可能。バッチシです!

遅れることなく到着したNH91便

これから被写体になっていただくB787のスポットイン

出発時間が迫ってきたので制限エリア内から撮影します。

作戦の不確定要素だった滑走路運用は終日南風予報、RWY22運用から変わらないでしょう。
運行スケジュールに遅れもありません。

成功に必要な条件がそろってきました。

あとはシャッターを切る瞬間の光線状況しだいです。はたして雲に邪魔されず太陽の光は降りているのでしょうか?

.

.

.

いよいよDHC-8-Q400CCへ搭乗します。

今回の座席は「6A」

プロペラの真横の席だぁ……

予約時の座席シートマップを見てなんとなく予想はしていましたが
ここにきて作戦は頓挫しそうですww どうやって広角で撮影しよう、、、

プロペラに邪魔されない構図をあれこれ試しているうちに、あっという間に滑走路へ進入

妥協して少しだけならプロペラをフレームインしてもOKとします。

緊張の瞬間。

はたして作戦は成功するのか……

離陸滑走が始まり、振動に負けないよう両足を踏ん張ってカメラを安定させながらファインダーを覗きます。

……
…………

あれっ…………

思っていたのと違う……

エメラルドグリーンに輝く海はどこだ? 俯瞰気味で見下ろすはずだった海……

……海はあんなに遠くにあり、サンゴ礁はちょこっとだけ、、、、(泣
被写体に光が当たっていないですが、それ以前の問題でした。

なんだか高度が低いですね、、、、
プロペラ機の早い機首上げを想定していたのでターミナルの真横で
もっと高度をかせいでいる公算なのに、、、
駐機中の機体と距離もあるように感じます。

以前見た光景

写真の左上にちらっとだけ海が写っています。

高翼機のプロペラ機は座席によっては主翼の影響で自由にフレーミングできません。そのためこの時は海を広く取り入れる構図は不可能でした。

翼の影響無く、画角をもっと広角にして撮ることが可能ならば、俯瞰で海の面積をより広く取り入れられたはず。この時の光景を忘れられなくて、次はもっと良い空のコンディションで挑もうと決意していました。もっとも今回はプロペラの影響を受ける座席6A、広角で狙っても真横写真は撮れなかっただろうし、機首上げ遅くて高度も足りないため、どうなっていたかはあきらかですが……

オペレーション「レインボー・クライム」は失敗でした〜

作戦の詳細は「駐機するB787とサンゴ礁の海を空撮のように撮る」です。
※作戦名に特に意味はありません

.

.

.

傷心を癒してくれるこの景色

離陸後しばらくすると180度旋回して空港そばの上空に戻ってきます。

石垣島の北端あたりまで見えていますね。
島の縁に寄り添うようにサンゴ礁がずっと続きます。豊かな自然です。

多良間島

宮古島に到着〜

ピカピカでカッコイイな!プライベートジェットかな?と思ったら
国土航空省のチェックスターでした。おろしたての新機材だそうです。


搭乗機を最後に撮影してお別れ。

それにしても、なぜ以前見た光景と違っていたのでしょうか……

自分の感覚ではあの機首上げタイミングだと、あと何回挑戦してもほぼ同じ結果になりそうな気も……向かい風の強さ、機体重量の差などの違いでしょうか……

その「違い」について考えを巡らすうちにあることに気づきました。

「あれっあの時に乗ってた機体、そもそもDHC-8-Q400CCじゃなくない?」……と

まさかの推論にビックリ

ぼんやりと思い出してきます。

もっと小型でシーサーの描かれた尾翼

イエローやブルーの記憶

そんな機体、あったな……と

たぶん乗っていた機種はこれですね。

同じ琉球エアコミューターの「DHC-8-Q100」
もう引退しちゃっています。

機種が違えば機首上げポイントも違って当然で、現にこの写真のQ100はかなり早く足が離れている様子。

自分の搭乗する機材のことまで深く考えていなかったです。
プロペラ機だったらなんでもオーケーだと思っていた節が……

まさに灯台下暗しですね。
また挑戦しよう(えっ……


沖縄アイランド・ホッピング

移動日です。
次は石垣島から宮古島へ

主な目的だった「カラ岳からRWY22着陸する日本航空のB777を撮影する」は達成せず、、、
次の目的地へ向かうことに心残りありますが、気持ちを入れ替え旅を続けます。

JL972のB777-200 JA709J
この角度だとエンジンカウル気になりませんね。(しめしめww)

トーイングスタート

角度的に自分ではないとわかりつつも手を振るパイロットに翻弄され手を振り返します。
きっと子供連れの家族とコミュニケーションしているはず。いってらっしゃい〜!

RWY22ラインナップまでに駐車場へ移動

離陸のシーンは前回をぜひ見てください

JA709Jを見送ったら自身の出発まで一時休憩です。


石垣島とB772

今年の石垣島は7月がアツい!

なんと日本航空のB777-200が午前と午後で2回も飛来する、撮影する者として絶好のチャンスとなっていました。日の長い7月のうちに、少しでも高い位置の太陽光を求めて、JL973を撮影したい思惑もあります。

しかし撮影旅行の手配をしていた頃、B777に機材変更された7月の羽田-石垣間は、まだ午後の1便しか設定がなく不便と感じていたことを思い出します。「通常1日2便はあるのに、繁忙期でB777になっているけれど、1日1便になるのはなぜだろう?」と不思議に思っていました。

そしてしばらくたち、予定どおりB777で飛来するのか確認するため予約システムを見ると
いつの間にか1日2便の設定に!しかも両方ともB777と表示!!

やってくれましたね!

と、息巻いて撮影を心待ちにしていましたが、結果は……

リストバンドしたB777

まずはJA709Jのタキシング 初っ端からちょっとアレな機体です。
エンジンカウルを貴重と考えるかどうかですね……

JL974の離陸の頃にはだいぶ日も傾いています

別日のJL972の離陸 

空港外周からの撮影が続きます

滞在前半は微妙な空模様に匙を投げ、石垣市立図書館へ逃げ込んだりもしていました。

粘り強く絵作りするのか、図書館で新たなインスピレーションを得るのか、どちらがいいのでしょうかね……?

せっかく来たので、せめて一回はカラ岳に登ろうと決意

やはり見晴らしは最高です

雲の隙間からどのタイミングで光が差し込むかは完全にランダム

エメラルドグリーンの海と絡めて

期待していたカラ岳から撮るランウェイ22着陸のJL973はいまいちな結果でした。
予想していたけれど時間帯が悪いww

あまり執着せず、次の機会に任せましょう。

もう少し離陸コース高ければ……
滞在最終日には空港駐車場から管制塔とハイビスカスの絡みで絵作り

最初で最後もリストバンドしたJA709Jでした。


那覇ビーチサイドホテルの眺め その二

ランウェイ36Rで離陸するANAのB787

先ほどまでの南風運用からいつの間にか北風運用になっていました。

午後の逆光で離陸の撮影となると、ちょっと厳しいですね、、、

せっかくの見晴らしも飛行機撮影には向かないシチュエーションなので、ホテルを後にし瀬長島ウミカジテラスへ向かいます。

瀬長島ウミカジテラスもよく考えたら逆光ですねw 第二滑走路が完成してから初めて体験する北風運用なので対応が後手後手になりました。

めぼしい写真は撮れなかったので、すごすごとホテルへ引き上げ 

初日はこんなものか……と、意気消沈しかけていましたが、この光景を見ると一気にギアアップ

那覇空港はトラフィックも多いためテンポ良く撮影できます。

テトラポッドのシルエットに惹かれて

海と空の客船どうしの共演です

何度か船舶と絡むチャンスがありました

琉球海運の貨物船です。目の前を通過すると迫力ありますね。

淡く焼けた空に心惹かれます

那覇ビーチサイドホテルは不自由なく快適に過ごせるホテルでした。
波の上うみそら公園が目の前にある立地はポイント高いですね。

その存在を忘れ毎日スーパーまで徒歩で買い出しに出かけていましたが、次回からはレンタル自転車(1時間無料)を利用したいと思います。地味に遠かった、、、

次は石垣島で撮影です