さくらの山公園の紫陽花

梅雨らしく紫陽花とヒコーキ。2020年撮影。

訪れた時はコロナ禍のあおりを受けた減便の影響でB滑走路を閉鎖していた期間中、
A滑走路にいれば成田空港の着陸機すべて撮影できてラッキーとも思ったが、

いやいや航空業界大変だから喜んではダメだった。

国内線の7月4連休の需要はGOTO期間並みに回復しているとニュースで見かけて少し安心もしたが、早く平時にもどり国際線の需要も回復することを願っています。


川崎マリエンの眺め その2

ここへ訪れた一番の目的は
ランウェイ22離陸の様子を確認するため!

(フルサイズ400mmをかなりトリミング)

後ろにあるのは位置的にレインボーブリッジだろうか、都内のビル群も見える。
建物の陰から機体が突然現れるので、エアバンド持ってくればよかった。

しかし陽炎もでるこの時期は撮影条件としてきびしい。
逆光だし魅力ある背景でもなかったし、感想はちょっと微妙です。

こちらの方が可能性を感じる。

ランウェイ16Rを離陸する日本航空のA350−900型機

EF100-400mmにエクステンダーEF2× 禁断の組み合わせを使用。
望遠レンズの圧縮効果で工業地帯の煙突群と羽田空港の管制塔がぐっと近くなり
なんだか新鮮な組み合わせになった。


川崎マリエンの眺め

特別塗装機のR2-D2 ANA JET

たまたま訪れた日が川崎港の開港70周年記念日だったようで
川崎マリエンに訪れた人達に記念グッズを配っていた。

スバルの物流センターやシーバースを見るだけでも楽しいし
羽田空港発着の飛行機も眺められる素敵な環境!


皆既月食チャレンジ

天気予報は曇りだが、何が起こるかわからないので
ダメ元で5月26日の皆既月食を撮影へいってみた。

、、、しかし結果は惨敗。

羽田空港のランウェイ16R離陸機と絡むことを
わずかに期待していたけれど叶わず、、、

雲の隙間から覗く月を待っているうちに北風運用になっちゃうし、、、
事前に調べた記憶だと、しばらく南風の予報だったはず、、、風が弱まったのかな?
決めつけはよくないな〜と反省。

ランウェイ34着陸機と絡みそうなチャンスは2回あったけれど、どれもハズレ……
また次回ですね!

2020年撮影の月とヒコーキ


海外エアラインと成田の桜

5月中旬なのに連日梅雨走りのような雨と湿気のせいでテンション↓↓↓
せっかくの休日も家で引きこもりがちに、、、

しかたないので過去の写真をあさって気分転換。
今年は撮影できなかった成田空港の桜と青空バックの写真を現像してみた。

アメリカン航空 B777-200ER

軽い機体はお腹を見せがち
でも空にはためく星条旗は格好よく写っていた

スイス国際航空 A340−300

スイセンが咲いていたのは一度きりだったかな……?
また咲いてくれたら嬉しいのだが

エアロフロート A330-300

寒い国からようこそ、桜吹雪で歓迎〜♪

デルタ航空 B747−400

2台仲良く駐車する赤帽の軽トラとジャンボ機
半逆光の桜も乙ですね♪

海外エアラインばかり選択したのは欲求不満のせいかも、、、


城南島の桜と新ルート

今年の成田空港での桜撮影は思い通りにいかないと判断し、思い切って予定を変え羽田空港から撮影することにした。気になっていた「新ルート着陸機は城南島の桜とどのように絡むのか」を調査するため城南島海浜公園へ。

到着時には北風運用だったが程なくして南風運用に、
新ルート着陸を開始する15時までしばらくランウェイ22アプローチ機の撮影。

桜の時期は成田空港ばかり行っていたので、桜との絡みは新鮮だな……

残念ながら白い雲で空が覆われてしまったけど、青空になれば良い感じになりそう♪

そして15時になり新ルート運用のスタート。
完全に逆光だけど気にしないww

ここからだとランウェイ16L着陸機を撮影可能。
16Rより16Lを使用する便数のほうが多いので構図の試行錯誤もやりやすい。

バリアングル液晶のおかげでローアングル撮影も気軽に

ゴチャついた背景を原っぱで隠してみた。

新ルート運用中は常に逆光のため「青空バックで順光の桜」は望めないが
順光の写真ばかりもつまらないのでたまにはいいかも?

なによりのんびり撮影できる環境が良かった。


コロナ禍の中のさくら撮影

3月下旬は桜の開花状況を偵察するため成田空港へ

SNSなどの情報を見るとまだまだ桜の満開は先のようだったが
自分の目で確認しておきたかった。

事前情報どうりまだ見頃じゃなかったので桜は撮らずに菜の花を撮って周辺のロケハンをする。

飛行機だけだと寂しいので木々の葉っぱを取り入れて切り絵っぽくしてみた。

今年は満開になりそうなタイミングの天気予報がよくなかったり
休みのスケジュールも合わせられなかったり
マロウドホテルもコロナ検査の療養待機施設となり臨時休館になっていたり
撮影しようと思っていた場所もダメだったり、、、

とにかく色々かみ合わない(笑

仕方ないので成田空港はあきらめ羽田空港で撮影することにした。


石垣島とBoeing777型機 その2

昔CMにあったフレーズ「鍛えた翼は、強い。」自分の中の強い翼のイメージはまさにB777、滑走路へ正対する機体はこれから空へ挑むアスリートのように見える。

しなやかな翼のB787と対照的にビクともしない強固な翼で空を切り開く。

でも、たまにはトラブルも?

夕方になっても滞在しているNH92便のB777と遭遇。
この低い位置の夕日との組み合わせは滅多にないだろう。

さらに日は沈み

ようやく6番スポットにトーイングされてきた。

このグラディエーションの空を飛ぶシーンを撮影したかったな……

時刻はおよそ20時、とっぷり日も沈みそろそろ宿泊地へ帰りたい気分、
しかし月と絡めて撮影できるかもしれないと思いつき空港ターミナル反対側の盛り土へ移動。

薄暗い月明かりの下、草むらの中をビクビクしながら進む。

見えない足下は何かいそうで怖い😱😱😱

満月と絡めた写真をイメージしていたが

微妙に位置のかみ合わない残念な写真に……

NH92便は20時30分頃、羽田へ向けて飛び立っていった。

最後は石垣島の夏の情景を空港から少し離れた場所で狙ってみた。

機体も地上にも光が落ちてくれた瞬間、入道雲も良い位置に発生してくれた。


石垣島とBoeing777型機

残念ながらコロナ禍の影響で退役を加速させているBoeing777型機、最近ネットニュースなど記事を見かけては悲しくなり、そしてソワソワした気持ちになっている。

「退役」と聞くと、どうしても撮り逃ししていないかどうか不安になるものだが、不安になったところで緊急事態宣言、まん延防止措置で不要不急の外出自粛要請あり、しかもJALもANAもB777の大半は運行停止中、本当は「最後の雄姿を〜」と意気込んで撮影へ出かけたいのにな、、、困ったな、、、(苦笑

スポッティングは最近始めたばかりでも、おそよ10年間様々なシチュエーションでトリプルを撮影してきた、十分なストックを持っているはず、、、、、、、、、

あっ、、、そういえばカラ岳から撮っていないな、、、、、、

、、、、、、ダメじゃん😵😵😵😵(笑

なぜかカラ岳に登らず浜辺から撮影しているし……

04離陸の絶好のシチュエーションに見えるが、海側はいまいちな表情の空だったので
ここから撮影したような気もする……

これはこれで新鮮でいいかも?

過去の写真をあさって見つけた石垣島のB777をいくつか紹介

展望デッキから

夏らしい入道雲いっぱいの空

雨のスタートダッシュ

いつも挑戦しては玉砕するANAインターコンチネンタル石垣リゾートとANA機の絡み

絡ませるならこの機体しかない(機体サイズ的に)と思うが、全くもって絵にならない(笑 

ちなみにこれはILSアプローチなんだろうか?同じ羽田便でもB787はビジュアルアプローチしか見たことない。特に天候が悪い訳でもなさそうなのにB777だと何回か見かけたので違いが気になった。

真栄里ビーチの端っこから
もう少し左よりの飛行コースだったらな〜

とりあえずこの場所はダメだとわかったので収穫ありとしよう(笑

視点を変えてホテルの室内から狙うのもありか〜
どれどれ宿泊費いくらかな……

おいそれと泊まれない価格😱😱😱!

白保海岸から赤瓦と一緒に

この建物の下にどこからともなく集まってくるおじぃ達
のんびりした島時間の流れる集落でした。

ビシッと飛行機写真っぽいセレクトを

於茂登岳の山頂から撮影

登山開始時には22運用、それに合わせた絵作りをイメージしていたので一瞬戸惑ったが結果オーライ、04運用になっていて良かった!

今のところ2021年の夏、羽田 – 石垣島間をANAはB767とB787で運行する様子。
(きっと直前に変更あるのだろうけれど)

気になるのが日本航空、B777運航になっている……本当ですか❗❓
(GEエンジン機を使用するのかな?)

一日二便だったのが一便に変更されているので機材大型化してもおかしくないが……
もしそうだったら……最初で最後のチャンスかもしれない!

また今度撮れるだろうと思って後悔することの繰り返しを
少しでも減らせるようにしたいですね!


フェンスクリアはいつも難題

今回は空港周辺に戻り滑走路南側のフェンス前から。

ファンスさえクリア出来れば様々な状況でも対応可能な場所で午前中迷ったらここ!
みたいな安心感のある撮影ポイント。

まずはランウェイ22離陸のシーン

少し雲の多い空だけれど夏らしい情景

スーパードルフィンの離陸

機体の位置が高すぎることも低すぎることも無い、ちょうどいいタイミングで
シャッターを切れるため、天気の良い日にはおすすめのポイント。

22着陸機もT1誘導路まで滑走してくれば目の前を通り
迫力のあるショットを狙える。

しかしT2誘導路から離脱する着陸機が多いので待ちぼうけを食らうことも、、、

確実なのは04離陸機のタキシング狙い。

04離陸機はT1誘導路までタキシングするので必ず撮影できる。
あとは04運用になることを祈るのみ。

東京行きのBoeing777型機は
ズームレンズだとカメラに収まりきらないほど

大迫力!

最後は2018年の夏 ピーチと統合前のバニラエア

石垣島の空にコーポレートカラーのイエローは良く映えるな〜
なんて当時を懐かしんでいたら「バニラエア塗装機の復活」と嬉しいニュースが!

楽しみがひとつ増えたな♪